声優好きの日記帳

アニメ・漫画声優(たまにガンダム)について気ままに語るブログです。

【ネット】偏向報道の親玉と言われている泉放送局について調べてみた件


普段、私たちが何気なく見ているテレビですが、複数の番組制作を行っている泉放送制作会社が、反日になるような印象操作に関わっていたという噂が、今、ネットを中心に話題となっています。

2017年上半期に世間を騒がせた森友学園や加計学園問題において、安倍首相が『印象操作』というワードを使い、与党・メディアが意図的に世論を動かしていることについて怒りの声を上げていたことも記憶に新しいですね。

実際、メディアのこのような印象操作や報道しない自由は、ネットを駆使して情報を集める人たちにとっては周知の事実だったりするわけですが、テレビメディアが支配している大多数の視聴者は一方通行の情報を受け取るだけなので、フラットな情報が流されていないこの問題は無視できないところがあります。

たとえばテレビの報道番組やワイドショーが『反日』を目的とした印象操作を行えば、国や現政権に対する不信感を与えることが考えられます。

これは私たち国民にとっては不利益を被ることになりかねません。

そして現在、『泉放送制作』というテレビ番組を制作する会社が、偏向報道を行うと指摘されているワイドショーに数多く関わってることが発覚したのです。

今回はこの話について詳しく見ていきたいと思います。

Sponsored Link


Contents [hide]
世のワイドショーは泉放送制作の独占状態だった
泉放送制作の反日工作とは?
報道されない安倍首相への印象操作
世のワイドショーは泉放送制作の独占状態だった

泉放送制作について触れる前に、2017年上半期において国会を騒がせた大きな問題として、『共謀罪の可決』『森友学園の国有格安売却問題』『加計学園への口利き問題』がありますが、これらはすべて野党からの尋常ではない反発があったものばかりです。

新聞ではでこうした問題を一面で取り扱い、ワイドショーではトップニュースを飾り、問題をいく重にも大きくして国民の関心を引きつけてきました。そして、本来国会で審議されるべき議案は停滞し、支持率が下がった現政権に対し『ほら、安倍晋三はこんなにも信用できない人間ですよ』とやっているのです。

 

特にこうした問題をやたらと取り上げ続けたのは、世のワイドショーです。

連日、ワイドショーが散々流してきた森友学園、加計学園、共謀罪の報道ベクトルは、安倍政権へのバッシングであり、国民に不信感を抱かせるような論調で足並みが揃っていました。

ただ、いくら偏向報道と言えども、テレビ局も違えば番組も違うのに、なぜこうも同じようなベクトル(論調)で話が進むのか疑問に思うところはあります。しかしそこには、ある一つの制作会社が、数あるワイドショーを股にかけて番組制作に関わっていたと、ネット上で話題になっていたのです。

そして、それこそが『泉放送制作』というテレビ番組制作会社。

まずは現在、泉放送制作が携わっている各局のTV番組を紹介してみましょう。

泉放送制作ホームページより

【日本テレビ】

Oha!4
ZIP!
【TBS】

あさチャン
ビビット
Nスタ
ひるおび
サンデーモーニング
【フジテレビ】

直撃LIVEグッディ!
ノンストップ!
めざましテレビ
とくダネ!
【テレビ朝日】

モーニングショー
スーパーJチャンネル
日中放送されている有名所のワイドショー番組が並んでいますが、それらほとんどの番組制作に関わっていることがひと目でわかるかと思います。

だからといって、泉放送制作が即『=反日』という風に捉えるのは危険な考えですが、このような事実が判明したことで、何かときな臭く思える部分が出てくることも事実です。

ではなぜ、泉放送制作がネットで反日と噂が立ってしまうのかみていきましょう。

泉放送制作の反日工作とは?

今回、『泉放送制作』が数々のワイドショー番組の制作に携わり、それらワイドショーが現政権批判を匂わすような報道ばかり行っていたこと考えれば、そこに何らかの意図があったと考えるのは自然なことかもしれません。

たしかに、2017年上半期の森友、加計、共謀罪の過熱報道ぶりは、結果的に国政を貶める結果につながったと言えます。もちろん、それらが注目すべき問題であり、招くべくして招いた結果であることは否定しませんが、その背景には視聴者に国への疑念を抱かせるような報道があったことは事実でしょう。

 

たとえば加計学園問題などは、多くの国民からすると何が問題なのか理解できない話です。

誤解を恐れずに言うと、野党はメディアを使って「国民の皆さん、今の与党(安倍政権)はずるいことをやってますよー」という印象操作をしたかった。そしてそれは『共謀罪』を阻止したいという目的につながっていて、世論を巻き込んでなんとか法案を可決させないように足掻いた結果なのです。

当然、政権批判のために反日工作をするわけですが、すでに政治や大手メディアにそういった人たちが紛れ込み、うまく世論を誘導しているという現実があり、それが『報道しない自由』『マスコミの偏向報道』という言葉で表されているのです。

そうして彼らは、テレビや新聞、週刊誌などのメディアを使い、ヤラセや嘘の情報を吹聴するなどして、日本の歴史を捻じ曲げたり、日本人に自虐的思考を植え付けてきました。それだけでなく、日本人や日本という国が滅びれば良いとさえ思っているのです。

反日的な大企業や広告代理店が強いとどうなるか?

今回、噂になっている泉放送制作が、サラリーマンが家を留守にしている間のワイドショーの制作に軒並み関わり、そのいずれもが反日的だと考えられる論調であることから、『泉放送制作=反日』という疑念を抱かれているようです。

たとえば、番組内で流される街頭インタビューなどは顕著で、一般人を装った人物を違う局で使いまわすなどというおかしなことが起きてしまうのも、制作会社が同じだからできる仕込みだと考えられます。

泉放送制作が関わっているワイドショーの多くは、元々、演出の仕方やキャスティングされたコメンテーターの偏重ぶりから、どうも『反日的』だと視聴者から噂が立ってしまう、そんな番組ばかりでした(その辺りは各ワイドショーの反応を、Twitterなどでリアルタイム検索すればよくわかるでしょう)。

ただ、やはり一辺倒な論調の背景に同一の制作会社が噛んでいたという事実は、番組制作側の偏向報道に疑惑の目を持っていた人たちからすると、ある意味納得せざるを得ない事実だったということですね。

Sponsored Link


報道されない安倍首相への印象操作

私たち国民の情報源として大きな役割を果たすテレビ。しかし、もしもテレビが大衆に誤解を与えるような情報の伝え方をしたらどうなるでしょうか?

当然、私たちは事実とは異なる情報を受け取ることになり、社会を混乱に貶めるだけでなく、国民にとっても大きな損失を抱えることになるかもしれません。

以前、国会答弁で安倍首相が『印象操作をするのは止めていただきたい!』と強い口調で言っていたのが思い出されますが、これは野党からのバッシングに向けただけでなく、各メディアにも当てはまることでしょう。

安倍首相が指摘する『印象操作が与えられる対象者』とは、ずばり私たち国民です。

その背景にメディアの情報操作や印象操作があるとするならば、私たちはそういった悪意のある情報を見抜かなければなりません。

今回、泉放送制作が朝から夕方までのワイドショーのほとんどに関わっていた事実と、これまでの各局一辺倒の安倍政権叩きは、見方によっては大変怖いように思えます。

インターネットやSNSの発達によって、決して報道されない裏のつながりも、少し中に入れば露骨なまでに手を組んでいる姿が見える時代です。しかし、それも見ようとしなければ決して見えないことも事実。

大衆を煽動する力を持つ人間が反日工作をする現実がある中で、『寄らば大樹の陰』『長いものには巻かれろ』で動く日本人は、まるでヒツジのように、悪い心を持った人たちの思い通りに誘導されているのかもしれません。

 

国内の報道バラエティー番組の8割以上を製作しているのは「泉放送制作」です。例えば、日テレのZIP!、TBSのあさチャン、Nスタ、ひるおび、サンデーモーニング、フジのグッディ!、とくダネ!、テレ朝のモーニングショーetc 偏向報道による世論誘導の元凶と言っても過言ではないですね。 pic.twitter.com/UwnpHPfIQy

 

テレビ局に一番効く抗議

 

やはりスポンサーに直接文句をいうことみたいです。

 

そもそもテレビ番組はスポンサーが製作費を出資して制作されているわけですからその資金源を叩くのが一番効くみたいですね。